TOP トピック 賠償事例 裁決事例 関係法令 法令翻訳


<<  戻る

賠償事例 税理士職業賠償責任保険 事故事例(2018年7月1日~2019年6月30日) | 日税連保険サービス

財産の所有者の確認を怠ったことで二重課税となり過大納付が発生した事例



【概要】
 税理士は、依頼者の祖父の相続時に依頼者の祖母が相続した土地について、依頼者の父親の相続時においても父親の相続財産とする申告書を作成した。
 税理士は祖母の財産の整理中に二重課税に気付いたが、既に更正の請求期限が徒過していたため、二重課税により発生した過大納付相続税額について、税理士は依頼者から損害賠償請求を受けた。


【詳細】
事故発覚の経緯
●税理士が、依頼者の祖母の財産の整理中に二重課税に気付き発覚した。また、その時には既に更正の請求期限を徒過していた。

事故の原因
●二重課税となった土地は相続登記が未了であったため、税理士は依頼者の父親宛てに送付されてきた固定資産課税証明書をもとに相続税の申告書を作成してしまった。

税賠保険における判断
●祖父の相続税申告も当該税理士が受任しており、祖父の相続により父親が相続した財産等の現況を精査していれば、二重課税となった土地は祖母が相続したことは容易に確認できたことから、税理士に責任ありと判断された。

支払保険金
●二重課税により発生した過大納付相続税額約400万円を認容損害額とし、免責金額30万円を控除した約370万円が保険金として支払われた。