TOP トピック 賠償事例 裁決事例 関係法令 法令翻訳



<<  戻る


目次一覧の表示

会社法」の条文は以下のとおりです。

関係法令 https://elaws.e-gov.go.jp/docu...0000000086
会社法 | e-Gov法令検索
令和三年三月一日(令和元年法律第七十号による改正)

(趣旨) 第一条 会社の設立、組織、運営及び管理については、他の法律に特別の定めがある場合を除くほか、この法律の定めるところによる。

条文全体を表示する

(定義) 第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。 一 ...

条文全体を表示する

(法人格) 第三条 会社は、法人とする。

条文全体を表示する

(住所) 第四条 会社の住所は、その本店の所在地にあるものとする。

条文全体を表示する

(商行為) 第五条 会社(外国会社を含む。次条第一項、第八条及び第九条において同じ。)がその事業としてする行為及びその事業のためにする行為は、商行為とする。 ...

条文全体を表示する

(商号) 第六条 会社は、その名称を商号とする。 2 会社は...

条文全体を表示する

(会社と誤認させる名称等の使用の禁止) 第七条 会社でない者は、その名称又は商号中に、会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない。

条文全体を表示する

第八条 何人も、不正の目的をもって、他の会社であると誤認されるおそれのある名称又は商号を使用してはならない。 2 ...

条文全体を表示する

(自己の商号の使用を他人に許諾した会社の責任) 第九条 自己の商号を使用して事業又は営業を行うことを他人に許諾した会社は、当該会社が当該事業を行うものと誤認して当該他人と取引をした者に対し、当該他人と連帯して、当該取引によって生じた...

条文全体を表示する

(支配人) 第十条 会社(外国会社を含む。以下この編において同じ。)は、支配人を選任し、その本店又は支店において、その事業を行わせることができる。 ...

条文全体を表示する

(支配人の代理権) 第十一条 支配人は、会社に代わってその事業に関する一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有する。 ...

条文全体を表示する

(支配人の競業の禁止) 第十二条 支配人は、会社の許可を受けなければ、次に掲げる行為をしてはならない。 ...

条文全体を表示する

(表見支配人) 第十三条 会社の本店又は支店の事業の主任者であることを示す名称を付した使用人は、当該本店又は支店の事業に関し、一切の裁判外の行為をする権限を有するものとみなす。 ...

条文全体を表示する

(ある種類又は特定の事項の委任を受けた使用人) 第十四条 事業に関するある種類又は特定の事項の委任を受けた使用人は、当該事項に関する一切の裁判外の行為をする権限を有する。 ...

条文全体を表示する

(物品の販売等を目的とする店舗の使用人) 第十五条 物品の販売等(販売、賃貸その他これらに類する行為をいう。以下この条において同じ。)を目的とする店舗の使用人は、その店舗に在る物品の販売等をする権限を有するも...

条文全体を表示する

(通知義務) 第十六条 代理商(会社のためにその平常の事業の部類に属する取引の代理又は媒介をする者で、その会社の使用人でないものをいう。以下この節において同じ。)は、取引の代理又は媒介をしたときは、遅滞なく、...

条文全体を表示する

(代理商の競業の禁止) 第十七条 代理商は、会社の許可を受けなければ、次に掲げる行為をしてはならない。 ...

条文全体を表示する

(通知を受ける権限) 第十八条 物品の販売又はその媒介の委託を受けた代理商は、商法(明治三十二年法律第四十八号)第五百二十六条第二項の通知その他の売買に関する通知を受ける権限を有する。 ...

条文全体を表示する

(契約の解除) 第十九条 会社及び代理商は、契約の期間を定めなかったときは、二箇月前までに予告し、その契約を解除することができる。 ...

条文全体を表示する

(代理商の留置権) 第二十条 代理商は、取引の代理又は媒介をしたことによって生じた債権の弁済期が到来しているときは、その弁済を受けるまでは、会社のために当該代理商が占有する物又は有価証券を留置することができる...

条文全体を表示する



 < 前へ   1   2   3   4   5   次へ > 

1/54