TOP トピック 賠償事例 公表事例 関係法令 法令翻訳



        トピックで検索         賠償事例で検索         公表事例で検索
        関係法令で検索         税制改正で検索         法令翻訳で検索

賞与」の検索結果は トピック:10件、賠償事例:0件、 公表事例:42件、関係法令:34件、 基本通達:19件、税制改正:0件、 法令翻訳:4件です。


トピックの検索結果は10件


源泉徴収 給与や賞与が未払の場合、支払われるまで源泉徴収は不要ですか。
[関連用語] 源泉徴収 
法人税 使用人や役員の給与や賞与で不相当に高額な部分の金額とはどのような場合ですか。
[関連用語] 不相当に高額な部分の金額 
法人税 使用人に賞与を支払う場合、いつ損金算入できますか。
[関連用語] 賞与 
法人税 使用人兼務役員の給与及び賞与はどのような基準で決めるべきですか。
[関連用語] 使用人兼務役員 
法人税 役員賞与で、事前確定届出給与に該当しないものは損金不算入ですが、その場合、永久差異となり、税効果は対象にならないのでしょうか。
[関連用語] 役員賞与 税効果 

もっと見る



国税不服審判所 裁決事例の検索結果は42件


請求人が、支給された賞与から支払った寄付金である旨主張する金額は、勤務先法人がその関連法人に寄付すべき金額を請求人の賞与に上乗せしたものであり、請求人の寄付金控...
... ▼ 裁決事例集 No.45 - 122頁  請求人は、請求人が勤務先法人より支給された賞与から勤務先法人の関連法人に寄付したものであるから、寄付金控除を認めるべきであると主張するが、次の事実から請求...
企業支配力を更に強化するために取得した株式の買入価格のうち通常の株式の価額を超える部分は認定賞与にあたらないとした事例
... 裁決事例集 No.18 - 62頁  企業支配に係る対価の額は、新たに他の企業を支配するために通常の価額を超えて支出される金額のほか、既に支配している企業に対する支配力を維持又は強化するために通常の...
不動産売買業を営む法人が、土地売買により生じた簿外収益の一部を同法人の実質的代表者に賞与として支給したものと認定し、源泉徴収に係る所得税の納税告知処分をしたこと...
...総合すれば、本件金員は代表取締役の夫が個人的に費消したものと推認され、したがって、請求人は同人に対し賞与を支給したものと認められるので、その賞与について源泉徴収に係る所得税の納税告知処分をしたことは適...
審査請求人が架空仕入れ等を計上して支出した現金について、審査請求人の代表者に支給した臨時の給与であり、役員賞与に該当すると認定した事例
... ▼ 裁決事例集 No.74 - 111頁  請求人は、零細企業で、賞与を支給できる財務内容ではなく、請求人の代表者(以下「本件代表者」という。)が自由に費消できる資金などは全くないこと、また、請求人...
満5年ごとに支給される退職金名義の金員は賞与であって、当該金員を受給後間もなく退職の事実が生じても、これをそ及して退職所得とすることはできないとした事例
...請求人は従業員に就職後5年ごとに雇用期間満了による退職金名義の金員を支給しており、それは給与所得たる賞与に当たるとされているが、その受領後間もなく実際に退職した場合には、そ及して退職所得として取り扱う...

もっと見る




関係法令の検索結果34件



(同族関係者の範囲) 第四条 法第二条第十号(同族会社の意義)に規定する政令で定める特殊の関係のある個人は、次に掲げる者とする。 ... ハ 役員の報酬、賞与その他の職務執行の対価として会社が供与する財産上の利益に関する事項についての決議に係る議決権 ...

条文全体を表示する

(過大な役員給与の額) 第七十条 法第三十四条第二項(役員給... 使用人兼務役員の使用人としての職務に対する賞与で、他の使用人に対する賞与の支給時期と異なる時期に支給したものの額 ...

条文全体を表示する

... (使用人賞与の損金算入時期) 第七十二条の三 内国法人がその...

条文全体を表示する

(被支配会社の範囲) 第百三十九条の七 法第六十七条第二項(特定同族会社の特別税率)... 役員の報酬、賞与その他の職務執行の対価として会社が供与する財産上の利益に関する事項についての決議に係る議決権 ...

条文全体を表示する

(個人の道府県民税の申告等) 第四十五条の二 第二十四条第一項第一号に掲げる者は、三...告書又は公的年金等支払報告書を提出する義務がある者から一月一日現在において俸給、給料、賃金、歳費及び賞与並びにこれらの性質を有する給与(以下この節において「給与」と総称する。)又は所得税法第三十五条第...

条文全体を表示する

もっと見る



基本通達の検索結果は19件


基本通達・法人税法|第2款 製造等に係る棚卸資産|国税庁

...り改正、平23年課法2−17「十」、令元年課法2−10「五」により改正) (1) 使用人等に支給した賞与のうち、例えば創立何周年記念賞与のように特別に支給される賞与であることの明らかなものの額(通常賞...
基本通達・法人税法|第6款 過大な役員給与の額|国税庁

...とする。(平11年課法2−9「十一」、平19年課法2−3「二十二」により改正) (他の使用人に対する賞与の支給時期と異なる時期に支給したものの意義) 9−2−26 法人が、使用人兼務役員の使用人として...
基本通達・法人税法|第8款 使用人給与|国税庁

...6年課法2-6「三」により改正) (支給額の通知) 9−2−43 法人が支給日に在職する使用人のみに賞与を支給することとしている場合のその支給額の通知は、令第72条の3第2号イの支給額の通知には該当し...
基本通達・法人税法|第9款 転籍、出向者に対する給与等|国税庁

...金額は、いずれも給与条件の較差をするために支給したものとする。 1 出向先法人が経営不振等で出向者に賞与を支給することができないため出向元法人が当該出向者に対して支給する賞与の額 2 出向先法人が海外...
基本通達・法人税法|第3款 会費及び入会金等の費用|国税庁

...のものである場合には、この限りでない。 2 (1)の場合において、同業団体等の役員又は使用人に対する賞与又は退職給与の支給に充てるために引き当てられた金額で適正と認められるものは、剰余金の額に含めない...

もっと見る





法令翻訳の検索結果は4件



(非課税所得) 第九条  次に掲げる所得については、所得税を課さない。...める国際機関に勤務する者で政令で定める要件を備えるものがその勤務により受ける俸給、給料、賃金、歳費、賞与及びこれらの性質を有する給与(外国政府又は外国の地方公共団体に勤務する者が受けるこれらの給与につ...

(Nontaxable Income)  Article 9  Income taxes are not imposed on the following income:(i)  interest on current deposits (other than interest specified by Cabinet Order);(i...

条文全体を表示する

(国内源泉所得) 第百六十一条  この編において「国内源泉所得」とは、...で定める用具の使用料八  次に掲げる給与、報酬又は年金イ俸給、給料、賃金、歳費、賞与又はこれらの性質を有する給与その他人的役務の提供に対する報酬のうち、国内において行う勤務その他の...

(Domestic Source Income)  Article 161  The term "domestic source income" as used in this Part means:(i)  income from business that the earner conducts in Japan or from th...

条文全体を表示する

...第百八十三条  省略2法人の法人税法第二条第十五号(定義)に規定する役員に対する賞与については、支払の確定した日から一年を経過した日までにその支払がされない場合には、その一年を経過...

(Obligation to Withhold Taxes)  Article 183  (1)Omitted(2)If a bonus given to a corporation's officers as prescribed in Article 2, item (xv) (Definitions) of the Corporation Tax Ac...

条文全体を表示する

(源泉徴収義務) 第二百十二条  非居住者に対し国内において第百六十一...払があつたものとみなす場合)の規定は第一項又は前項の規定を適用する場合について、第百八十三条第二項(賞与の支払があつたものとみなす場合)の規定は第一項の規定を適用する場合についてそれぞれ準用する。5第...

(Obligation to Withhold Taxes)  Article 212  (1)A person paying a Nonresident, in Japan, domestic source income as set forth in Article 161, item (i)-2 through (xii) (if the Nonres...

条文全体を表示する